三川内焼の里めぐり

「唐子」の絵が描かれた焼き物の町、三川内皿山(みかわち さらやま)から発信します。

名工、「龍」を吟味する。

以前、メルカリで購入した、「龍細工」の燭台を見てみたいとの事で、

f:id:takamuramukuo:20210524232116j:plain

前回投稿の三川内焼窯元、「光雲窯」の今村隆光さんの工房へお邪魔してきました。

f:id:takamuramukuo:20210524232137j:plain



今村さん曰く、この細工物に関しては欧米に人気が高く、特に明治期に製作された細工物は特に優れており、この龍は明治期を迎える少し前に制作されたものではないだろうか?という話をされました。

f:id:takamuramukuo:20210524232156j:plain


f:id:takamuramukuo:20210524232215p:plain



f:id:takamuramukuo:20210524232250p:plain

今村さんも私同様、龍の製作物が好きで、現在制作中の器にも龍の絵柄が描かれていました。


明治頃の三川内焼「龍細工」
↓ ↓ ↓

f:id:takamuramukuo:20210524232353j:plain

現代の名工&黄綬褒章&無形文化財

みかわち焼窯元で「鯨」をモチーフにした絵柄が人気の現代の名工、今村光雲窯の今村隆光さんが、佐世保市無形文化財に認定されました。


こちらの動画は、今村さんが手掛けた作品を展示しているギャラリーの様子です。

https://drive.google.com/file/d/1f1XoDCcMy2pWqdVZSGE9WHpBSoDS2Raj/view?usp=drivesdk


https://drive.google.com/file/d/1f84JjEXyP70TS7YKlOEY9nvtvb5tTjbX/view?usp=drivesdk

https://drive.google.com/file/d/1fHHcqyLyxi4sLy-SQC0nx5JmwKNSW8Yh/view?usp=drivesdk

皿山に「新風」

「三川内」をTwitterで検索したら、京都から三川内皿山へ移住してきた作家さんの事が書いてありました。

f:id:takamuramukuo:20210515063849p:plain

御出身は長崎の方で、京都の窯元で修行され、独立して皿山へ来られたみたいです。
f:id:takamuramukuo:20210515063906p:plain


鳥獣戯画を取り入れたカラフルでユニークな作風に人気があるみたいですね!

https://instagram.com/hayashi_tamikazu?igshid=lmo6lov7hi10

巨関の墓を探せ!

f:id:takamuramukuo:20210510201147j:plain

画像は三川内皿山にある「陶祖神社」です。


f:id:takamuramukuo:20210510201217j:plain



f:id:takamuramukuo:20210510201241j:plain









f:id:takamuramukuo:20210510201301j:plain


f:id:takamuramukuo:20210510201321j:plain

この神社には、三川内焼白磁の原料となる天草陶石を発見した如猿(にょえん 本名・今村弥次兵衛)を祀る神社で、拝殿奥にある本殿には「如猿大明神」と彫られた石碑が祀られています。



f:id:takamuramukuo:20210510201422j:plain

この如猿の祖父にあたる巨関(こせき)は、文緑・慶長の役にて豊臣秀吉の指令により、平戸松浦藩主によって朝鮮から連行され、この地で陶芸に勤しみ、中里家の先祖である高麗媼(こうらいば)と同様、三川内焼開祖の功労者と云われています。

https://www.pref.nagasaki.jp/koho/plaza/dream/furusato04_1.html

その後、巨関は有田・黒髪山にて生涯を終えますが、明治43年に三川内へその亡骸とお墓を移したと伝えられていました。


しかし巨関の亡骸があるお墓の場所が見つからず、末裔にあたる親族も長い間調査を進めていましたが、

考古学者で元佐世保市教育委員会所属の久村貞男さんがこの度、解明にこぎ着けました。




f:id:takamuramukuo:20210510201504j:plain

画像は明治44年出版の「三川内窯業沿革史」掲載の、当時の陶祖神社本殿の写真です。

f:id:takamuramukuo:20210510201631j:plain

写真中央、向かって左側には「如猿大明神」の石碑が建っており、その横には真新しい石積みの基檀があり、この基檀こそが黒髪山から三川内へ亡骸を移された巨関の石碑だと云うことを解明され、その後拝殿が建立された昭和18年にこの基檀は撤収され、石積の一部を「如猿大明神」の石碑に積み上げられている事を発見されました。


f:id:takamuramukuo:20210510201547j:plain

f:id:takamuramukuo:20210510201608j:plain


f:id:takamuramukuo:20210510201713j:plain
f:id:takamuramukuo:20210510201727j:plain
f:id:takamuramukuo:20210510201739j:plain


即ち、巨関のお墓は現存せず、亡骸は三川内皿山中腹に着くる「小谷墓地」の今村一統の墓に眠っているとの事でした。

(下の画像は「小谷墓地」にある今村家の墓で、丸みを帯びた石塔が「如猿」の墓。寄り添うように建っている2つの墓は、右側が如猿の父・三之丞の墓で、隣が三之丞の妻の墓です。)

f:id:takamuramukuo:20210510202143j:plain


f:id:takamuramukuo:20210510202157j:plain


f:id:takamuramukuo:20210510202216j:plain


f:id:takamuramukuo:20210510202231j:plain


f:id:takamuramukuo:20210510202303j:plain

スクープ❗

三川内皿山にある窯跡を散策してると、地元の方から、新しい窯跡が発見されたいう情報を知り、その場所へ行ってきました。

f:id:takamuramukuo:20210510172435j:plain



f:id:takamuramukuo:20210510172347j:plain


f:id:takamuramukuo:20210510172402j:plain


f:id:takamuramukuo:20210510172415j:plain

場所は「平戸祥山窯」の工房があった所で、現在は宅地になってますが、地主の方が草刈りをやっていると、オンザン(窯の火の通り道)と呼ばれる孔が見つかり、佐世保市教育委員会の方が周辺を調査し、窯道具等の発掘採取を行ったそうです。


f:id:takamuramukuo:20210510172451j:plain

以前から私は、なだらかな傾斜が続くこの場所にも、連房式の窯があったのでは?と推測していたのですが、それが形として現れた事で、何かこう嬉しい気持ちが沸いてきました。

酒器ゲット!

【メルカリ使って1万円以下の三川内焼をゲットする!】の第4弾です。

これまでに、香炉(2点)と燭台(1点)を購入しましたが、

f:id:takamuramukuo:20210509201952j:plain

f:id:takamuramukuo:20210509202006j:plain

f:id:takamuramukuo:20210509202023j:plain




今回は、酒器セットをゲットです!
( ゚ロ゚)!!


f:id:takamuramukuo:20210509202048p:plain

f:id:takamuramukuo:20210509202107p:plain

f:id:takamuramukuo:20210509202125p:plain


新品だと、軽く2万円は越す品物です👀



コレでグイッと、一杯やりますかね!😁⤴️⤴️